トップ プロフィ−ル 土地の有効活用 賃貸マンションの企画設計 主な作品 報酬規定 コンタクト
儲かる賃貸マンションオ−ナ−を目指す人のためのサイトです。
ご来訪ありがとうございます。ARC3391(アルク3391)です。私の情報はプロフィ−ルに
掲載していますので興味のある方は閲覧してください。 ARC3391プロフィ−ル
このサイトは賃貸マンションの経営についての情報サイトではありません。賃貸マンション経営のノウハウについては、他に多くの不動産管理サイトがありますので、そちらで閲覧してください。

事業(商売)を有利に展開する秘訣は、「入るお金を最大限多くし出るお金を最小限に少なくする」ということです。サブリ−ス等の保証会社に支払うお金は、あなたの気休め的不安解消に役立つかもしれませんが、物件の競合耐力の向上には少しも役立ちません。そのような保証に使うお金があるなら、家賃設定を下げるとか、所有物件の競合耐力を増すことに使われるべきです。そのほうがずっと安心な事業投資となります。

このサイトは「地域の家賃相場を遵守しながらも高い収益性を持ちながらも、なおかつ入居者にご満足いただける仕様を有する」という、相反する2つの要件をバランス良く兼ね備えた『儲かる賃貸マンション』とはどういうものかをテ−マとし、企画、設計者の視点で検討、考察、提案を行っています。

賃貸マンション事業主様の多くは相続税対策で行う人が多く、それを主眼にしすぎて本来の収益事業の視点をないがしろにされることがあります。特にサブリ−ス等で家賃が保証されると、その傾向が強くなります。確かに節税効果はありますが、企画を誤り人気のない物件となれば、節税を遥かに超える損失を受けます。家賃が保証されると言っても、人気の無い物件を保証してくれるお人よしのサブリ−ス会社はありません。どんな契約にも契約解除規定があり、保証することで損失が出ると判断されれば契約解除され、空室だらけの不良物件と巨額の負債が残され、相続された土地も含めてその資産を失う可能性も十分あります。
まずは相続税の節税分など忘れて、儲かる賃貸マンションの企画に専念すべきです。10年間で全国に180万戸の空家が増え、マクロ的視点で供給過多の時代、建てれば入居を見込まれる時代ではすでにありません。仮定の空室率で計算された事業収支計画表など絵に描いたモチにすぎないと心すべきです。
儲かる賃貸マンションの企画設計@−担い手の選択へ
  ・・・事業主さまの立場に立った建物づくり、そして地域の状況に応じた効率の良いご提案を心がけています。・・・
株式会社 SOM(ソム)建築計画研究所 Tel 06-6415-6375